スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術の日の事

手術の日の事を明確に書いていきたい。

12日昼過ぎ手術着に着替えて点滴されながら手術室へベッドに寝かされたまま連れていかれた、両親、姉、旦那、娘が後を追い掛けてくる。『がんばって!』などと母や姉が口ばしる。
私は実は手術二回目で、一回目はまだ21歳の時良性卵巣嚢腫左一部摘出手術をしていた。その時はまだ独身だったし、恐くて泣きながら手術室へ入った覚えがあるが、今回は違った。母は強し!とはまさにこの事だ。手術室に入る直前娘の顔を見ると『がんばってくるから(^^)v』と笑顔で入った。そうだよ!肝すわったってこの事だよ!心の中で《早く切るなら切ろ!娘の為に生きるんだよ!癌になんか負けるもんか!》などと思った。母は強い。
そして手術台に横になり、確認の為自分の名前と病名を聞かれ『コッコです。右乳房全摘手術と同時再建、センチネルリンパ節生検です。』とスラスラと言った。そしたら看護師さん達が『コッコさんすごーい。しっかり言える人少ないよ。』と誉めてくれた。その後、柴崎コウのBGM(←なぜ柴崎の歌だったのかは不明)と共に麻酔にかけられた。その麻酔が呼吸がしずらくなっていく感覚がかなり気分悪くて、医療ミスじゃない??って感覚さえ覚えた。卵巣嚢腫の時の麻酔の方が断然ラクだったからだ。麻酔にも種類があるみたい。私は今回喘息持ちになっていたからそれに対応した麻酔らしい…。そして目が覚めると姉と旦那が居た。手術は無事終わったのだ。
スポンサーサイト

いよいよ…

今日の午後一時半から手術だぁ~
すっごい恐いけど全身麻酔だから寝てるうちに終わるかな♪
それにしても絶食はキツイ!お腹空いた~
手術前に娘が母と来てくれる♪早く会いたいな~(^^)旦那は昨日病室に泊まってくれた!しかしイビキがすごくて逆に眠れなかったよ(^o^;
今日で右パイとバイバイかぁ~切ないような気もするけど、生きるためには仕方ないかぁ…〃〃
        
*プロフィール

kokko

Author:kokko
2008年5月。26歳、授乳中(娘一歳の時)に若年性乳がんになりました。         
旦那と娘と暮らしています。        
告知~手術~治療~乳房再建など日常の出来事も含め書いていきたいです。
☆経過☆
2008年5月23日授乳中に血が混ざった母乳が出て病院を受診。検査後、乳癌告知をうける。非浸潤性乳管癌ステージ0期(DCIS)。

2008年6月12日右乳房全摘手術,センチネルリンパ節生検,エキスパンダーによる同時再建。

2008年7月29日ホルモン治療開始~ゾラデックス(途中からリュープリンに変更),ノルバデックス共に2年予定。

2008年12月5日シリコン入れ替え手術終了。

2009年4月3日ノルバデックス中止。リュ-プリン単独で続行。

2010年6月リュープリン二年間終了。→無治療・三ヶ月おきの定期健診。

(現在、ホルモン治療の副作用で骨粗鬆症になり、ベネット錠服用中。2010年3月から。)

2013年7月骨粗鬆症薬ベネット中止(服用期間3年4カ月)。ビタミンD.カルシウム剤で様子見中。
2015年9月カルシウム剤中止。ビタミンD(エディーロール)のみで様子見中。

        
*やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

        
*他の乳がん患者さんのブログもこちらから↓
        
*今人気のブログは・・↓
        
*レシピに困ったら!↓
献立に困ったら 楽天レシピ
        
*FC2ブログランキング参加してみました。
        
*最近の記事
        
*最近のコメント
        
*がん闘病記集↓クリック!
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリー
        
*FC2カウンター
        
*ブログ内検索
        
*RSSフィード
        
*リンク
        
*ブロとも申請フォーム
        
*QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。